エンパワってどんな人が参加しているの?

カナエールのスピーチづくりを支えるボランティアメンバー「エンパワー」
実際にどのような人が活動に参加しているのでしょうか?

  • エンパワーの男女比は?年齢は?

ボランティアメンバーの「男女比」と「年代別」の比率がこちら▼
ボランティアメンバー

カナエールのボランティアメンバーは女性より男性の比率が少し高めです。
普段はそれぞれ働いている人たちが、週末や平日の夜の時間を活用して
「カナエルンジャー」と一緒にスピーチづくりの準備を進めています。

年代別に見ると「20-40代」が中心です。特に「30代」のボランティアメンバーが半分を占めています。
社会人経験豊富なメンバーはもちろん、若い力に支えられているのがカナエールの特徴の1つです。
 
LXT16852  LXT16950
 

  • エンパワーに参加した理由は?

参加者にエンパワーに参加した理由を聞いてみると、
「これまで仕事ばかりだったけど、少し自分に余裕が出てきたから。」という人や、
「昔から子供の支援活動に興味があったから」「『映像づくり』に興味があって..」等々
理由は様々。みんなそれぞれのきっかけを持ってエンパワに応募しています。
 

「どんな環境にいても人は成長できる。そしてそのスピードは、支えてくれる人がいる時に飛躍的に伸びる・・・それを実感できます。そしてそのプロセスに関わった自分自身が、多くの気づきと学びと、そして自分の可能性に気づけます。」(クリエーター:男性)
明日カナエール 2016の最後のボランティア登録説明会が「よこはまPortFor」(11:00~13:00)で開催されます。
興味があれば是非参加をお待ちしております。

ボランティア募集説明会(横浜)

カナエール 2016のボランティア募集説明会は残り3回です。
毎回、盛況で、たくさんのボランティア参加希望の方に参加していただいています。
次回は、1月13日 水曜日、横浜で開催します。会場は、よこはま Port Forです。よこはま Port Forは、横浜市から受託した、児童養護施設等で暮らす子どもたちが入所中、退所後も気軽に立ち寄れる居場所です。横浜駅東口から歩いて10分ほどの便利で静かで雰囲気の良い場所です。
1月13日 水曜日の説明会は、平日のためか、まだ席が空いています。是非、説明会に参加してください。
カナエールでスピーチをしたカナエルンジャーたちは、毎月1回ここでボランティアたちと会って、学校や生活の様子を報告したり、いろいろなことを相談したりしています。
マルユウエンパワー大募集
「エンパワー大募集」の紙を持ってくれている彼は、2015年のカナエールに参加した横浜レッドの ”マルユウ” です。彼の夢は、テレビカメラマンになること。現在、専門学校に通っています。学校では、実際の大きなテレビカメラを操作する実習の様子などを報告してくれています。
彼のような、かわいいイケメン高校生を紹介する動画を作ってみませんか?ボランティアの役割の中でも、クリエイターは、カナエルンジャーが登壇してスピーチをする前に、カナエルンジャーを紹介する3分間の動画を作成します。カメラやビデオ撮影に興味のある方(経験不問)を特に募集しています。カメラや編集ソフトは期間中借りられ、撮影方法、編集方法などの研修もプロの方に教えてもらえます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016年のカナエールでは、60名のサポートボランティアを募集しています。
カナエルンジャーを支えて、スピーチコンテストまで一緒に頑張る方の参加をお待ちしています!
サポートボランティアの説明会に来て、どんなことをするのかを聴きに来てください。詳しくは、ボランティア募集ページをご覧ください。
https://www.canayell.jp/support/empowerment/
 

【カナエールボランティアインタビュー】ふぁーちゃん

【カナエールボランティアインタビュー】ふぁーちゃん
ボランティア説明会も残りわずか3回!
今日は、住まいが遠距離ながらも、児童養護施設や里親家庭から進学する若者たちの
夢をやさしくサポートした、ふぁーちゃんのカナエールをご紹介します。
ふぁーちゃん
■カナエールのボランティア歴を教えてください
2012年、2013年と、カナエールのボランティアを2年間やりました。
■若者たちのサポートをしていく中で、印象的だったことは?
よく分からなくて手探り状態だったけれども
子どもたちが色々、吸収していく姿を見ることが
すごく楽しかったです。
3ヶ月間で、こんなにもいろんなことを吸収するんだ!
という可能性を感じられたことが、楽しかったです。
■カナエールのボランティアやってみて…。
カナエールをやっている3ヶ月間は、すごく長くて
とても手間がかかりますが、スピーチコンテストが終わったあと、
すごく達成感がありました。
大人になってからでも、こんな経験ができるなんて!と、感動しました。
コンテスト当日
■さいごに、メッセージを。
カナエールもう一度やりませんか?って誘われたら、
またやっちゃうとおもいます(^-^)
そのぐらい、大変だけど楽しい活動です。
参加、お待ちしてます。
—————————————————————–
1月のボランティア説明会日程です。興味ある方はぜひ説明会にご参加ください。
残り3回!
2016年1月13日(水)19時~21時 横浜
2016年1月16日(土)11時~13時 東京大手町
2016年1月17日(日)11時~13時 横浜
詳しくはボランティア募集ページをご覧ください。
https://www.canayell.jp/support/empowerment/

児童養護施設の若者の夢を応援する120日! カナエール2016ボランティア募集中!

児童養護施設や里親家庭から進学する若者たちのスピーチコンテストを、今年も東京・横浜・福岡で開催します!
コンテストまでの120日間、若者たちとチームを組み、原稿作りやスピーチトレーニング、紹介映像作りなどを通して若者をサポートするボランティアを募集しています。
昨年のコンテストに出場した“むーみん”(看護師を目指す、大学一年生の女の子)の、応援者の方々へ向けたお手紙を紹介いたします。
IMG_9498e LXT18983e

私は始め、カナエールに参加することに対して抵抗がありました。
自分の思っていることを人前で堂々と話したことが無かったし、話したいとも思っていなかったからです。スピーチの中でも述べましたが、私は児童養護施設にいることを人に話したくないのです。
ですが、かたくなにそう思っていたのはカナエールに参加する前までです。一緒に過ごしたルンジャー(他のコンテスト出場者)やエンパワ(社会人ボランティア)の方々は誰も私を「施設の子」扱いしなかったので、一緒にいるときとても楽でした。また私の様な年齢の人が沢山いて、いろんな考えが聞けました。そして自分はひとりじゃないのだと元気づけられました。
私の考えは本当にひねくれていて、聞きいれてくれた方々にどう思われるか不安もありました。でもそんな不安は無駄でした。コンテストが終わった後、たくさんの方にメッセージをもらい、その内容は全て私の背中を押してくれるものでした。あのメッセージカードは私がこれからの人生でつまずいた時、折れそうになった時、読み返したいと思います。本当にありがとうございます。

LXT18981eDSC_1130e

カナエールを通して得たことは全て私の強みとなり、今後の人生にいかされていると感じています。自分が施設出身だろうが、気にせず私を私として見てくれる人は沢山いました。今まで、そんな人もいるということを知っていながらも怖くて向き合うことが出来ず、一人で勝手に下を向いていました。そんな中カナエールに参加し、今まで感じていた恐怖心が少しずつほどけていきました。カナエールに参加して皆様の前でスピーチすることが出来て本当に良かったです。ありがとうございます!

【2016年度のボランティアを募集しています!】
6年目を迎えるカナエール。今年もスピーチコンテストを6月に東京・横浜、7月に福岡で開催いたします。
コンテストまでの120日間、若者たちとチームを組み、彼らの挑戦を支えてくださる仲間を募集しています。
ボランティア説明会を下記日程で実施します。(残り3回! 次回は今週水曜開催です!)
昨年度のボランティア経験者も参加しますので、活動についての感想なども直接ご質問いただけます。たくさんの方のご参加をお待ちしています!
2016年1月13日(水)19時~21時 横浜
2016年1月16日(土)11時~13時 東京大手町
2016年1月17日(日)11時~13時 横浜
詳しくはボランティア募集ページをご覧ください。
https://www.canayell.jp/support/empowerment/

児童養護施設の若者の夢を応援する120日! カナエール2016ボランティア募集中!

児童養護施設や里親家庭から進学する若者たちのスピーチコンテストを、今年も東京・横浜・福岡で開催します!
コンテストまでの120日間、若者たちとチームを組み、原稿作りやスピーチトレーニング、紹介映像作りなどを通して若者をサポートするボランティアを募集しています。
一昨年のコンテストに出場した“きぐっちゃん”に、カナエールに参加して感じたことを聞きました。
IMG_0842IMG_0860
“勇気を出せば道が開けることを、私は身をもって知りました。このことを、昔の私のように苦しんでいる子供たちに伝えたい、そして、子供たちが自分たちで道を開いていけるような環境を作りたい、そう思うようになりました。” (コンテストでのスピーチより)
スピーチを聞きに来たお客さんに伝えたかったことは?
「児童福祉に対して勘違いされてることとか、いろんな意味で偏見を持たれていることとかをなくせればいいなっていう気持ちを込めてスピーチしました。
児童養護施設で生活している子たちは性格が暗いとか、落ち込んでいるんじゃないかとこれまで会った人に言われたことがあったので、そうじゃなくて、明るく、楽しく生活していることを伝えたかったです。」
IMG_7890IMG_0824
「ステージから見えた観客の皆さんの顔がとても励みになりました。」
IMG_1518LXT16504
“私はこれまで児童相談所で働きたいと考えていました。しかし、大学での授業や、(カナエールの活動中に実施した)職業人インタビューを通じて、この夢を叶えるための方法や職業がまだたくさんあることに気付きはじめました。私は、これからの学び、気付き、たくさんの人との出会いの中で、一番いい方法を見つけられる、そう信じています。”
【2016年度のボランティアを募集しています!】
6年目を迎えるカナエール。今年もスピーチコンテストを6月に東京・横浜、7月に福岡で開催いたします。
ボランティア説明会を下記日程で実施します。(残り4回! 次回は明日開催です!)
昨年度のボランティア経験者も参加しますので、活動についての感想なども直接ご質問いただけます。たくさんの方のご参加をお待ちしています!
2016年1月10日(日)13時~15時 東京大手町
2016年1月13日(水)19時~21時 横浜
2016年1月16日(土)11時~13時 東京大手町
2016年1月17日(日)11時~13時 横浜
詳しくはボランティア募集ページをご覧ください。
https://www.canayell.jp/support/empowerment/
 

アルト

【歴代カナエルンジャーは語る】アルト

カナエール、今年もやります!
2016年も、東京、横浜、福岡でカナエールスピーチコンテストを開催しますので、
楽しみしててくださいね。

お待ちのあいだに、2014年に、カナエルンジャー パープルとして参加した

「アルト」の、カナエールを振り返ります。

公認会計士を目指し、専門学校に通う、ちょっとオタク気質のアルト。

公認会計士を目指す1番の理由は、大好きなキャラクター「初音ミク」の会社に入りたいから。

公認会計士として経営を良くすることで、「初音ミク」をもっとたくさんの人に広めたい!と

コンテスト当日は、堂々と語り、会場を沸かせていました。

■最近はどうしてるの?

(アルト)

専門学校2年生になり、企業の会計部門へ就職活動中です!

ちょっと行き詰っていますが、がんばります!

8月に税理士試験を受けてきました!

結果は、12月に出たんですけど、秘密です。(笑)

■コンテスト当日は、どうだった?

(アルト)

コンテスト当日は、正直…かなり緊張しました。(笑)

緊張したけど、周りの大人(ボランティアメンバー)たちの応援や支えによって、

堂々とスピーチすることができました!(照)

スピーチ直後

■あとがき

はじめは公認会計士をめざす理由をなかなか語ってくれなかったアルト。

“オタク”な自分が恥ずかしくて「初音ミク」が好きで公認会計士を目指していると言えなかったのです。

コンテスト1ヶ月前に勇気を振り絞り、ボランティアメンバーに打ち明けてくれました。

当日まで1ヶ月を切っていた中、原稿の内容を180度変更し、臨んだ当日。

コンテスト直後は写真のように清々しい笑顔で、スピーチコンテストを終え、

いまも、会計士の目標に向かって毎日がんばっています。


2016年のカナエールでは、60名のサポートボランティアを募集しています。
カナエルンジャーを支えて、スピーチコンテストまで一緒に頑張る方の参加をお待ちしています!
サポートボランティアの説明会に来て、ボランティア登録をしてください。詳しくは、ボランティア募集ページをご覧ください。
https://www.canayell.jp/support/empowerment/

本年もよろしくお願い致します

児童養護施設から進学する若者たちを支援する奨学金プログラム「カナエール」。たくさんの方々の温かいご支援のもと、プログラムも6年目を迎えることができました。今年も6月に東京・横浜、7月に福岡でスピーチコンテストを開催します。(チケットは春頃発売予定です)
そして春には、カナエールでこれまで支援してきたカナエルンジャー(奨学生)11名が大学・専門学校等を卒業する予定です。改めて、いつも彼らを支えてくださる奨学金サポーターと協賛企業のみなさま、そしてコンテストにご来場いただいたみなさまに感謝申し上げます。
施設出身の若者が抱える進学格差の解消のため、カナエールは今年も頑張ります。引き続き宜しくお願いいたします。
【テレビ東京系“NEWSアンサー”で特集されました】
12/25の放送でカナエールが特集されました!
番組公式サイトにて、アーカイブ映像をご覧いただけます。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/life/post_103531/
【奨学金継続サポートのお願い】
カナエルンジャーに給付する奨学金(返済不要の給付型奨学金)は、一口2,000円の継続サポートで支えられています。応援どうぞ、よろしくお願いします。※スマートフォンからでもお手続きいただけます。
https://www.canayell.jp/support/donate/
【カナエール夢スピーチコンテスト2016、ボランティア募集中!】
児童養護施設や里親家庭から進学を志す若者たちを応援するスピーチコンテストを、今年も東京・横浜・福岡で開催します。
コンテストまでの120日間、若者たち(カナエルンジャー)とチームを組み、原稿作りやスピーチトレーニングをサポートするボランティアを募集しています。
説明会を下記日程で開催いたします。昨年度のボランティア経験者も参加しますので、活動についての感想なども直接ご質問いただけます。たくさんの方のご参加をお待ちしています。
2016年1月7日(木)19時~21時  東京大手町
2016年1月10日(日)13時~15時 東京大手町
2016年1月13日(水)19時~21時  横浜
2016年1月16日(土)11時~13時  東京大手町
2016年1月17日(日)11時~13時  横浜
詳しくはボランティア募集ページをご覧ください。
https://www.canayell.jp/support/empowerment/